燃えやせるゴミの対応(鈴鹿トランクルーム等賃貸)

  

今回の事は5年ほど前から始まりました。まずは、猫が燃やせるゴミ袋を噛み切って集積所より引っ張り出す。よって、集積所入口にブロックを噛ましました。
むろん、雨水の排出を考えブロックに穴を開けました。その後は、何カ月間は問題なかったです。所が、今度は中で燃やせるゴミ袋が破られ生ごみが散乱し出しました。
これは、烏の仕業ではないかと思い必要な箇所のみ写真の様な黄色ネットを施工致しました。ある日、ネットの施工されていない部分から鳥が入りこんでいました。
ああ!烏ではなかった!その鳥は、小さな鳥でくちばしぐらいの穴であれば侵入可能で有る事が判明致しました。その後は、周りの樹木を刈り完璧なネット施工を致しました。これで、問題無いだろうと思い安心いたしました。所が数日後、北側のネット部が破られかなり大きな穴状となり、更に燃やせるゴミ袋が破られ生ごみが散乱。
そして、現状から一時自己嫌悪に陥り諦めましたが、つい最近、鼬(いたち)である事が判明致しました。結果、写真の様な、黄色ネットを再度施工、前面にも鼬が侵入しない様にと、黄色ネットを垂れ下げ今日に至りました。この、3枚の写真は、私どもの今日までの集大成です。次、なにが起きるか判りませんが、大家業は、今も続いています。

コメントは利用できません。

バイクガレージコンテナのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2019 三重県鈴鹿市のバイクガレージならウッドンビレッジ