鈴鹿市内での常識ある行動とは

“常識”の定義について、独自で考えてみた。
結果は、相手のあることであります。
他人によってその人の常識が少しずつ異なります。
例えば、駐車場に車が駐車されてます。
その車の入り口に到着致しますには、まっすぐ大きな通路を歩き、
その通路を右に曲がり更にその通路をまっすぐに10m歩く事により前向き車の前に到着致します。
所が、私は少しでも短い距離を歩くとの頭にて、車の後ろから到着する通路でない、空きスペースを右に曲がり、
真っすぐ歩きました。前の常識通路に比べ、かなり速く車には、到着致しました。
常識の通路で歩いてきた方から、貴方は、”非常識”呼ばわれ致しました。
結果は、この場合の、”常識”は、広い通路を 意味する事でした。
今まで、こんな事を考えて歩くことの無い、人生でありました。
この”常識”であれば、もっと重要な”常識”あるのではと、思いながら時は、過ぎました。

コメントは利用できません。

バイクガレージコンテナのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2022 鈴鹿市近辺の賃貸バイクガレージならウッドンビレッジ